バストアップするには・・

多くの女性は自分のバストサイズに不満があるかと思います。一般的に大きい方を好むという男性も多いです。そのため世の中には様々なバストアップ方法があります。
まず日本人女性は自分のバストサイズを正確に知りません。そのため誤ったサイズの下着をつけていることが多いです。

 

バストアップしたいと思うのであれば、最初にサイズをきちんと測りましょう。
押えるべきは「アンダーサイズ」です。バストのふくらみの下の部分です。これは大変重要な数字になります。
実際に買うブラジャーのアンダーは少しだけ小さい数字のもにしましょう。

 

そうすることにより、バストを揺れからしっかりと守ります。
小さすぎる数字のものだと、血行を悪くしてしまう恐れがあるので、少しだけ小さくというのがポイントになります。
次にバストトップを測ります。この際90°お辞儀をした状態で測ります。

 

そしてトップサイズとアンダーザイズの差を計算します。
Aカップ10cm、Bカップ12.5cm、Cカップ15cm、Dカップ17.5cm、Eカップ20cm、Fカップ22.5cmという具合です。
見た目ではBカップもなさそうなのに、意外とDカップという女性もおおいはずです。

 

サイズが決まれば、ブラジャー選びです。
選び方のポイントは布面積が多いものの方が、バストの揺れを軽減させてくれるのでおすすめです。
ベルト部分も太いものの方が良いでしょう。

 

ワイヤー入りのものを選びましょう。ワイヤーにも丸みやワイヤーどうしの間隔など、違いがあります。
順番で言いますと、まずワイヤーの丸みが大きいもので、脇肉を寄せ集めます。
その後、集まってきたら丸みの小さいもので今度は立体をつくっていきます。

 

装着の仕方は、脇、腕、背中、おなか、あらゆるところからお肉を集めるイメージです。かき集めて固定させます。
肩ひもの調節は、バストトップと鎖骨の中心が正三角形になる高さまで引き上げます。
ここでも多くの日本人女性は下がりすぎの方が多いです。

 

装着したら、最後にアンダーベルトの後ろを少し下に下げます。
こうすることにより、バストを上に引き上げます。
サイジング、下着選び、装着方法。これらは基本的でとても重要なポイントです。

 

そして次に大切になってくるのは、姿勢です。背筋をのばし、肩甲骨を引き寄せるように胸を張ります。
骨盤を立てることも重要です。
さらに、体を冷やさないこと、ブラ直し、エクササイズ、食べ物、これらも気を付けるとバストアップにつながります。

 

ブラ直しは一日何回かブラジャーにお肉を寄せ集め、ブラ紐をきちんと調整することです。トイレに行くときなどに行うと良いでしょう。
バストアップはこれらの小さいことの積み重ねにより、地道に作り上げるものです。

 

もてもてバストになるために|マシュマロぷるんを目指す!


このページの先頭へ戻る