バストアップにチャレンジ中です

 

バストのサイズというのは思春期だけではなく大人になってからも気にしている人が多いのではないでしょうか。そういう私も胸が小さいことがコンプレックスでこれまでにいろいろバストアップの方法を試してみたので紹介していきます。

 

リンパマッサージ

 

バストアップの定番はやはりリンパのマッサージということが出来るでしょう。特に必要なモノはなく手軽に始めることが出来るのが魅力です。入浴後の血行が良くなり体が柔らかくなっている時にするのがお勧めでバストを下から上外側から内側に持ち上げるようにしてマッサージを行なっていきます。リンパの流れがよくなれば栄養や酸素をしっかりとバストに届けることが出来るのでバストアップ効果が期待できるという訳です。最も1日、2日で効果があるという訳ではなく毎日地道に続けることがポイントと言えます。冬などは肌が乾燥しているのでマッサージの際にはローションやアロマオイルなどを使用すると肌を傷めずに済みます。ただ私の場合は元々運動部所属で体を動かし血行が良かったからかマッサージをしても残念ながら効果を実感することは出来ませんでした。

 

ナイトブラは

 

ナイトブラというのは寝ている間に着用するだけでワキなどの脂肪を胸に寄せ集めてバストとして定着させるといった仕組みのブラジャーです。安価なモノなら3000円程で購入することが出来ますし、大手メーカーのモノだと10000円くらいが相場です。ですが私の場合はそもそも寄せ集める程のお肉がないので購入は見合わせました。バストというのはある意味脂肪の塊でもあるのである程度体脂肪がないとバストのサイズは大きくならないと言います。またダイエットをしたら胸が小さくなってしまったという人も少なくありません。少し脂肪を増やした方がいいのかと食事量を増やしたり甘いモノを食べるようにしてみましたが食べすぎでお腹を下して逆効果になってしまいました。

 

 

食生活を改善

 

バストアップサプリは5000円から1万円といった高額な商品が多く、さらには長期的に摂取し続ける必要があるので食事からバストアップ効果がある栄養素は摂取出来ないかと食生活を改善してみました。よく言われているのがキャベツや鶏肉を食べると胸が大きくなるというモノです。また比較的根拠があるのが大豆と大豆製品で、大豆にはイソフラボンと呼ばれる女性ホルモンによく似た働きをする成分が含まれているので大豆を食べることでバストアップ効果が期待できるそうです。なので現在その3つを意識して食べるように心がけています。

 

もてもてバストになるために|マシュマロぷるんを目指す!


このページの先頭へ戻る